「ファミマTカード」の締め日・引き落とし日(支払日)について確認

管理人のお気に入りクレジットカード5枚のうちの1枚、「ファミマTカード」。

クレジットカードはその場で支払うわけではないので、いつ口座から支払いになるのか、引き落とし日を把握しておかないと不安です。

今回の記事では、「ファミマTカード」の締め日・引き落とし日(支払日)についてまとめておきます。

「ファミマTカード」はリボ払い専用カードです。なので、リボ手数料を避けるために、カードが手元に届いたら利用する前に支払い方法を変更しておく必要があります。初回はリボ手数料が無料です。「ずっと全額支払い」(口座引落しコース)に設定しておけばリボ手数料はかかりません。

「ファミマTカード」の締め日・引き落とし日(支払日)

「ファミマTカード」には、「店頭支払いコース」「口座引落しコース」がありますが、どちらも締め日・引き落とし日(支払日)は以下になります。

「ファミマTカード」の締め日・引き落とし日(支払日)

締め日 引き落とし日(支払日)
末日 翌々月1日

末日締め日・翌々月1日引き落とし日(支払日)の設定になります。

締め日・引き落とし日は土日祝でずれるのか?

●締め日は、ずれない→
締め日が土日祝の場合、翌営業日にずれ込むことはありません。
●引き落とし日は後ろにずれる→
引き落とし日が土日祝の場合、土日祝明けの最初の金融機関の営業日に引き落としが実行されます。
※「店頭支払いコース」「口座引落しコース」ともに、支払い日の1日が金融機関休業日の場合は、翌営業日が支払期日になります。

締め日・引き落とし日の変更はできるのか?

残念ながら締め日・引き落とし日(支払日)の変更は不可能です。

コースの変更は可能です。
・「店頭支払いコース」→「口座引落しコース」(会員専用ネットサービスまたは口座振替依頼書で手続き可能)
・「口座引落しコース」→「店頭支払いコース」(電話で手続き)

明細の確認方法

「ファミマTカード」を持っている人は、「ファミマTカード会員専用サービス」で利用明細が確認できます。

引き落としができない!なんてことにならないように、明細の確認は重要です。

もし引き落としまでに入金が間に合わなかったら

引き落としの金融機関への入金を忘れて間に合わなかった!

こんなことになったら、どうするか。

公式サイトに記載があります。

支払い期限が過ぎていることことに気づいたのですが、どうすれば良いですか?
毎月1日のお支払期日(金融機関休業の場合は翌営業日)にお支払が出来なかった場合は、お客様のご設定のお支払コースやご登録の金融機関によりご入金方法が異なります。
ご都合に沿った入金方法をご案内いたしますので、下記コールセンターへお問い合わせ下さい。
【コールセンター】
06-7670-3939
受付時間 8:30~20:00 (年始休業)
※受付時間は日程により異なる場合があり

「ファミマTカード」の場合は、とにかく電話して確認したほうがよいです。

基本的には、支払いコースにより下記の対応になるようです。

<店頭支払いコース>
原則、ファミリーマート店内のFamiポートにて入金
<口座引き落としコース>
残高不足等により引落しができなかった場合、同月15日に再引落(金融機関休業の場合は翌営業日)あり

支払いができないで遅延が続くと、信頼がどんどん失われていきます。

・遅延損害金が発生する
・カードが使えなくなる
・信用が低下する(クレヒスに傷がついてしまう状態)
→今後新規でクレジットカードを作りにくくなる
→ローンを組みにくくなる

そんなことが起こってきます。

防ぐには、まずは締め日・引き落とし日を把握して、毎月きちんとチェックすることが重要です。

まとめ

「ファミマTカード」の締め日・引き落とし日(支払い日)は、
締め日:毎月末日
引き落とし日(支払い日):翌々月1日
になります。

なので、管理人は毎月25日頃には金融機関口座と明細を見るようにしています。

クレジットカードは信用で成り立っているので、毎月きちんとチェックすることが重要ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする