「JCBゴールド」の締め日・引き落とし日(支払日)について確認

管理人のお気に入りクレジットカード5枚のうちの1枚、「JCBゴールド」。

クレジットカードはその場で支払うわけではないので、いつ口座から支払いになるのか、引き落とし日を把握しておかないと不安です。

今回の記事では、「JCBゴールド」の締め日・引き落とし日(支払日)についてまとめておきます。

「JCBゴールド」等JCBカードの締め日・引き落とし日(支払日)

「JCBゴールド」等JCBカードの締め日・引き落とし日(支払日)は以下になります。

JCBカードの締め日・引き落とし日

締め日 引き落とし日
15日 翌月10日

15日締め日・翌月10日引き落とし日の設定になります。金額確定日は毎月24日前後になります。

締め日・引き落とし日は土日祝でずれるのか?

●締め日は、ずれない→
締め日が土日祝の場合、翌営業日にずれ込むことはありません。
●引き落とし日は後ろにずれる→
引き落とし日が土日祝の場合、土日祝明けの最初の金融機関の営業日に引き落としが実行されます。

締め日・引き落とし日の変更はできるのか?

残念ながら締め日・引き落とし日(支払日)の変更は不可能です。

公式サイトにも記載があります。

毎月10日のお支払い日を変更できますか?
カード番号が「354」および「355」から始まるJCBカードのお支払い日は、毎月10日(土日祝日の場合は、翌営業日)でございます。
約定支払日は、あいにく、お客様のご都合に合わせて変更することができかねます。ご了承ください。

明細の確認方法

「JCBゴールド」等のJCBカードを持っている人は、「MyJCB」を登録することによって、WEBで利用明細が確認できます。

→(公式サイト)MyJCB

「MyJCB」のトップ画面の下のほうに「ご利用明細」があり、ここで次回分が確認できます。

明細の確認は重要です。

もし引き落としまでに入金が間に合わなかったら

引き落としの金融機関への入金を忘れて間に合わなかった!

こんなことになったら、どうするか。

公式サイトに記載があります。

お支払い日までに引き落とし口座に入金できなかった場合、どうすればいいですか?
お支払いにご指定の金融機関を下より選択し、詳しい内容をご確認ください。
(ほとんどの金融機関について)
お支払い日に引き落としができなかった場合、ご自身の口座から再度振替をする方法と、JCBの口座へ直接振込をしていただく方法があります。

JCBカードの場合、金融機関によっては再度振替を行ってくれるようです。特に当日に気付いた場合は、すぐに口座に入金すれば間に合う可能性もあります。

※支払い日当日に振替ができなかった場合は、会員規約に基づき、原則、遅延損害金を2ヵ月後以降に請求されます。

JCBへの振り込みを希望する場合や、よくわからない場合は、まずはJCBへ電話をします。JCBへ連絡して、担当の人に相談するほうが確認できて安心ですね。

<JCB調査デスク>
06-6944-2222
9:00AM~5:00PM(土・日・祝・年末年始休)

支払いができないで遅延が続くと、信頼がどんどん失われていきます。

・遅延損害金が発生する
・カードが使えなくなる
・信用が低下する(クレヒスに傷がついてしまう状態)
→今後新規でクレジットカードを作りにくくなる
→ローンを組みにくくなる

そんなことが起こってきます。

防ぐには、まずは締め日・引き落とし日を把握して、毎月きちんとチェックすることが重要です。

まとめ

「JCBゴールド」等JCBカードの締め日・引き落とし日(支払い日)は、
締め日:毎月15日
引き落とし日:翌月10日
になります。

なので、管理人は毎月5日頃には金融機関口座と明細を見るようにしています。

クレジットカードは信用で成り立っているので、毎月きちんとチェックすることが重要ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする