JCBゴールドで貯めた「Oki Dokiポイント」の使い道は?マイルやAmazonの交換はおすすめ?

管理人のお気に入りクレジットカード5枚のうちの1枚、「JCBゴールド」は利用すると原則は「Oki Doki ポイント」が貯まります。

ポイントは使ってこそ価値があります。使わなければ貯める意味がない。

使い道をよく知らないまま「JCBゴールド」を使っていたら、もしかして損をしているかもしれません。

そこで「Oki Doki ポイント」のお得な使い道、マイルやAmazonに交換することはおすすめなのか、他におすすめの交換はないのか等についてまとめておきます。

(2020年1月更新)

「Oki Dokiポイント」の主な交換先

「Oki Doki ポイント」を交換する先には以下のようなものがあります。

・商品と交換する
・買いもので使う
・支払い金額に充当する
・マイルや他のポイントに移行する

商品に交換する以外をまとめると、主な交換先は以下のようになります。
(2020年1月現在)

移行レート 還元率
Amazonでの買い物 1ポイント→3.5円分 0.35%
Tポイント(らくらく自動移行コース) 1ポイント→5 Tポイント 0.5%
Tポイント(好きなときコース) 200ポイント→900 Tポイント 0.45%
支払いに充当 1ポイント→3円分 0.3%
nanacoポイント 200ポイント→1000 nanacoポイント 0.5%
dポイント 200ポイント→800 dポイント 0.4%
WALLET ポイント 200ポイント→800 WALLETポイント 0.4%
ビックポイント/ビックネットポイント 200ポイント→1000ポイント 0.5%
ベルメゾン・ポイント 200ポイント→1000 ベルメゾンポイント 0.5%
ジョーシンポイント 200ポイント→1000 ジョーシンポイント 0.5%
楽天スーパーポイント 200ポイント→800 楽天ポイント 0.4%
セシールスマイルポイント 200ポイント→1000ポイント 0.5%
楽天Edy 200ポイント→600円分 0.3%
カエトクマネー 200ポイント→800 マネー 0.4%
スターバックス カード チャージ 200ポイント→800円分 0.4%
Tポイント 500ポイント→2000 Tポイント 0.4%
WAONポイント 200ポイント→800 WAONポイント 0.4%
Pontaポイント 250ポイント→1000円分 0.4%
JALマイル 500ポイント→1500 JALマイル 1マイル1.5円なら
0.45%
ANAマイル 500ポイント→1500 ANAマイル 1マイル1.5円なら
0.45%
ANAスカイコイン 500ポイント→1500 ANA SKY コイン 0.3%
デルタ航空スカイマイル 500ポイント→1500 スカイマイル 1マイル1円なら
0.3%
JCBプレモカード(チャージ) 200ポイント→1000円分 0.5%
JCBトラベル充当 1ポイント→4円分 0.4%

※還元率は1000円の利用で1ポイント付与された場合で計算

これ以外にも、ユニセフやユネスコなどの団体への寄付に利用することもできます。

「Oki Dokiポイント」交換の極意①1ポイント=5円相当(0.5%)以上から選ぶ

「JCBゴールド」は0.5%還元率と考えられていますが、これは貯めた「Oki Doki ポイント」を交換して1ポイント=5円以上の価値になることを想定して、0.5%還元率と言われています。

※還元率は1000円の利用で1ポイント付与された場合で計算(「JCB STAR MEMBERS」のランクボーナスは計算せず)

0.5%還元率以上にするためにも、何か理由がない限り「Oki Doki ポイント」の交換は、1ポイント=5円相当(0.5%還元率)以上のものから選択するようにします。

・Tポイント(らくらく自動移行コース)
・nanacoポイント
・ビックポイント
・ベルメゾン・ポイント
・ジョーシンポイント
・セシールスマイルポイント
・JCBプレモカード(チャージ)

基本的には上記のものから選んだほうがお得になります。

「Oki Dokiポイント」交換の極意②交換してから使いやすいかどうか

1ポイント=5円相当(0.5%還元率)以上のものから選択する場合でも、使いやすい・使いにくいがあると思います。

まずは自分が使いやすいかどうか。

コンビニはセブンイレブンをよく使うならnanacoポイント・ファミリーマートならTポイント。

近くにビックカメラがあってよく利用していればビックポイント、joshinのほうがよく使うならジョーシンポイント。

ネットでベルメゾンを愛用しているならベルメゾン・ポイントという感じで、自分のライフスタイルを考えて交換先を決めます。

「Oki Dokiポイント」交換の極意①②をまとめるとおすすめは3つ

「Oki Doki ポイント」交換の極意①②をまとめると、おすすめは3つ!

①JCBプレモカードへチャージ
②nanacoポイント
③Tポイント(らくらく自動移行コース)

①JCBプレモカードへチャージ

JCBプレモカードはお店やインターネットショッピングでのお支払いに利用でき、残高がなくなってもチャージ(入金)することで繰り返し利用できる便利なカードです。

JCBプレモカードはAmazonやLINE STOREをはじめコンビニなど全国30万店以上で利用可能です。→利用可能店舗

JCBプレモカードに「OkiDoki ポイント」でチャージすることができます。

JCBプレモカードなら、リアル店舗での利用も簡単なので、使い道に困ることはありません。

JCBプレモカードの最後の端数処理に悩んだ場合、
・現金併用払いができる店舗がある
・Amazonギフト券の購入にも利用できる
まず困ることはないでしょう。

JCBプレモカードを手に入れる方法としては、キャンペーンを上手に利用したほうがお得です。わりと頻繁に開催されています。

汎用性という意味では、「OkiDoki ポイント」の交換先は、JCBプレモカードへのチャージが一番です。

②nanacoポイントへ交換

nanacoポイントへの交換もおすすめです。セブンイレブンやイトーヨーカドー等を利用する人で、nanacoカードやnanacoモバイルを利用している人に向いています。

特に電子マネーnanacoを使うと、税金や公共料金も支払えます。

電子マネーnanacoで税金や公共料金を支払ってもnanacoポイントは付与されませんが、自動車税や固定資産税を、「JCBゴールド」で貯めた「Oki Doki ポイント」で支払いができれば、これ以上のお得感はありません。

③らくらく自動移行コースでTポイントを貯める

「JCBゴールド」を利用していると、原則「Oki Doki ポイント」で貯まります。

が、JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブに登録して、Tポイント(らくらく自動コース・好きなときコース)を貯めることを選択することもできます。

特にらくらく自動コースの場合は、1ポイント→5 Tポイントで一番おすすめです。

JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブ:

らくらく自動コース 好きなときコース
毎月自動的にすべての「OkiDoki ポイント」をTポイントに移行 好きなときに「OkiDoki ポイント」をTポイントに移行
1ポイント以上1ポイント単位 200ポイント以上100ポイント単位
1ポイント → 5 Tポイント 1ポイント → 4.5 Tポイント
不要(自動) 必要(好きなタイミング)

ちなみにJCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブに登録しなくてもTポイントへの交換は可能ですが、その場合は1ポイント→4 Tポイントの交換レートになります。

TポイントはYahoo!公金支払い(ヤフー公金払い)にも利用できます。対象のものがあれば、貯まったポイントを無駄なく使えて、しかも税金・公共料金なら、これ以上のお得感はありませんね。

「Oki Dokiポイント」交換の裏ワザで0.75%還元率以上

おすすめ3つの中でも特におすすめは、③らくらく自動コースでTポイントを貯める。

これを利用すると、裏ワザ的に0.75%還元率が達成できます。

ウエルシアで毎月20日は1.5倍!

ドラッグストアのウエルシアでは毎月20日、Tポイント支払いで1.5倍分の買い物ができるキャンペーンを実施しています。

1.5倍分の買い物ということは、500ポイントで750ポイント=750円分の買い物ができる=33.3%オフ

Tポイントの価値を高めつつ、使いやすさから考えると、ウエルシアで20日に利用する方法がお得でおすすめになります。

これを利用すると、0.75%還元率が達成できることになります。

Amazonでの利用はおすすめ?

「Oki Doki ポイント」がAmazonの買い物で利用できる「パートナーポイントプログラム」というものがあります。

2019年2月より、OkiDokiポイントプログラム対象のカードを使ってAmazonで買い物すると、後日、自動的にパートナーポイントプログラムに登録となるサービスが開始されています。

※1度、OkiDokiポイントプログラム対象のカードをAmazonで利用すると、数日後に自動的に登録され、ポイントが使えるようになります。
※すぐに使いたい場合は、登録して利用する方法もあります。

利用できるようになると、Amazonの「お支払い方法を選択」画面で「OkiDoki ポイント」を選択できるようになります。

1ポイント=3.5円分

使い勝手は非常によいのですが、残念ながらレートはあまりよくありません。

ディズニーのチケットへの交換はおすすめ?

JCBといえばディズニー。「Oki Doki ポイント」をディズニーのチケットに交換する方法もあります。

2020年1月現在の必要ポイント数: →公式サイト(デジタルカタログ)

東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚) 1600ポイント
東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚) 3200ポイント
東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚) 4800ポイント

ディズニーのチケット・1dayパスポート:7500円で計算すると、1ポイント→約4.68円。

1ポイント=5円相当より少し下回りますが、悪くはない交換レートです。

ディズニー好きならディズニーのチケットもありですね。

ANAマイル・JALマイルへの交換はおすすめ?

マイルを貯めている人なら、JALマイル、ANAマイルへの交換も考えます。

移行レート 還元率
JALマイル 500ポイント→1500 JALマイル 1マイル1.5円なら
0.45%
ANAマイル 500ポイント→1500 ANAマイル 1マイル1.5円なら
0.45%
ANAスカイコイン 500ポイント→1500 ANA SKY コイン 0.3%
デルタ航空スカイマイル 500ポイント→1500 スカイマイル 1マイル1円なら
0.3%

※還元率は1000円の利用で1ポイント付与された場合で計算

ANAカード・JALカードを持っている人なら、「Oki Doki ポイント」→ANAマイル・JALマイルへ交換は選択肢になりますが、それ以外の人の場合はあまり交換レートがよくないのでおすすすめしません。

「Oki Dokiポイント」の有効期限

「Oki Doki ポイント」の有効期限は、持っているカードによって異なります。

「JCBゴールド」の場合は、ポイント有効期限は3年間です。

一般 獲得月より2年間(24ヵ月)
ゴールド 獲得月より3年間(36ヵ月)
JCBゴールドザ・プレミア
プラチナ
JCB ザ・クラス
獲得月より5年間(60ヵ月)

まとめ

「Oki Doki ポイント」にはいろいろな交換先がありますが、

・1ポイント=5円以上の価値
・自分が使いやすい交換先
・ウエルシアで毎月20日は1.5倍キャンペーンを利用すれば0.75%還元率

これらを軸に、自分に合った使い道、交換がおすすめです。

管理人お気に入りのクレジットカード5枚のうちの1枚は「JCBゴールド」です。
JCBゴールド
お気に入りのポイント 一定の条件を満たせば、ワンランク上のゴールドカード「JCB ゴールド ザ・プレミア」のインビテーション(招待)が届く JCBマジカルに応募できる
家族カードが1枚無料
空港ラウンジが無料で利用できる
プロパーのクレジットカードが1枚くらいほしい
クラブオフが利用できる
詳細  公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする